ねこバス風銀河鉄道888の夜

ねこバスチックな銀河鉄道

以前働いていた特別養護老人ホームで作ったもの。
ひとりのおばあちゃんは毎日見にきてくれたなあ。
自分の写真を見つけては持ってくおばあちゃんもいたなあ。
予想はしてたけど、何べんも車輪はなくなったなあ。その度に作り直したなあ。
でも喜んでくれて本当に良かった…(^^)
 

ちなみに目覚まし時計が鳴っているのは、特養の仕事があまりに慌ただしく、じいちゃん、ばあちゃん達のゆっくりした時の流れを壊してしまっていることに対する戒め。

また月のギターは、何かの曲だけど、曲名は忘れました…。

2002年(平成14年)頃の作品



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする